内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

講談社+α新書
ナイコウガタニンゲンガムリセズシアワセニナルユイイツノホウホウ
  • 電子あり
内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

メンタリストDaiGo氏推薦!「リア充をぶっ潰せ! 内向的な人のほうが成功する方法のすべてがここに」
成功する人は外向型という常識を覆した、全米ミリオンセラー。
●内向型な人がもつ豊かな創造性●共同作業が創造性を殺す●自分を裏切らずに人とつきあう方法●「リーダーは外向型」はウソ●オープンオフィスは生産性を阻害する他

相対性理論も、『不思議の国のアリス』も、グーグルも、生み出したのは物静かな人だった。

内向型の人とは、喋るよりも他人の話を聞き、パーティで騒ぐよりも一人で読書をし、自分を誇示するよりも研究にいそしむことを好む人のことだ。アメリカ人と言えば、社交的で自己主張が激しそうなイメージがあるが、実際にはその三分の一が内気でシャイな内向型だという。これはアメリカに限ったことではない。

外向型が重視されるアメリカにおいては、内向型の存在感は薄く、出世競争でも不利になりがちだ。本書は、内向型が直面する数々の問題を浮き彫りにするとともに、あまり顧みられることのない内向型の強みと魅力を明らかにし、その個性を伸ばして生かす方法を模索する。

同時に、外向型の欠点や問題点を挙げ、外向型の人は企業のトップにふさわしいか、チームで作業するやり方は本当に効率的なのか、などの問題も議論する。

*本書は2013年に刊行した『内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力』(講談社+α文庫版は『内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える』)を原著者の承諾を得て再編集した縮約版です。

目次

  • 序章 これほど違う二つの性格
  • 1章 ”誰からも好かれる人”が生まれた理由
  • 2章 ”カリスマ的リーダーシップ”という神話
  • 3章 ”共同作業”が創造性を殺す
  • 4章 性格は運命づけられているのか?
  • 5章 生まれつきと自由意志
  • 6章 なぜ”クール”が過大評価されるのか?
  • 7章 報酬志向と脅威志向が運命を分ける
  • 8章 あえて外向的にふるまうのなら
  • 終章 不思議の国へようこそ

製品情報

製品名 内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法
著者名 著:スーザン・ケイン 訳:古草 秀子
発売日 2020年05月22日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-519807-0
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社+α新書
初出 2013年に刊行した「内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力」(講談社+a文庫版は「内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える」)を原著者の承諾を得て再編集した縮約版。

著者紹介

著:スーザン・ケイン(スーザン・ケイン)

プリンストン大学卒業、ハーバード大学ロースクール修了。ウォール街の弁護士を経て、ライターに転身。『ニューヨーク・タイムズ』『ウォールストリート・ジャーナル』紙、『アトランティック』誌などに寄稿するほか、企業や大学などでコミュニケーション・交渉術の講師を務める。TED2012の”The power of introverts”と題された講演は2500万回以上インターネットで視聴され、ビル・ゲイツお気に入りの講演の一つとして紹介されている。本書は1作目の著書で、すでに40言語に翻訳され、アメリカでミリオンセラーとなった。

訳:古草 秀子(フルクサ ヒデコ)

青山学院大学文学部英米文学科卒業。ロンドン大学アジア/アフリカ研究院(SOAS)を経て、ロンドン大学経済学院(LSE)大学院にて国際政治学を学ぶ。訳書に、ヘックマン『幼児教育の経済学』、レイソン『シンドラーに救われた少年』、グローガン『マーリー』、カーソン『失われた森』、ピアス『水の未来』、パーキンス『エコノミック・ヒットマン』など多数ある。

オンライン書店で見る