「気の言葉 宇宙のエネルギーはバラの香りがする」既刊・関連作品一覧

気の言葉 宇宙のエネルギーはバラの香りがする

世界一の気功家が贈る「読むヨーガ」の誕生!
病を治し、幸せと成功を呼ぶ「見えない力」のつかみ方を教えます。

著者は、これまで25年間以上、「気」のパワーを自在に操って、多くの人の心身の病気や症状を治してきた気功治療の第一人者。
ヨーガについても、インドやヒマラヤでの修業の末、奥義を会得して、精力的に指導を続けています。
ヨーロッパの大富豪から日本の主婦まで、世界中に、国籍も性別も世代も立場も違う数多くの患者・生徒を持っています。

宇宙に満ちている気のエネルギーは、いかに劇的に人の心と身体を癒やすのか。
本来すべての人に備わっている自然治癒力は、どうすれば発揮されるのか。
瞑想と呼吸法によって、どうして人生は楽に、生きやすくなるのか。
あらゆる欲望を捨て、苦しみを取り除き、精神を清澄にして、最高の喜びを感じるにはどうすればいいのか……。
気功治療・ヨーガ指導の驚異的な実績をもとに、神秘的なパワーを取り入れて、健康に、幸福に生きるための極上の知恵を教える一冊。



【目次】
はじめに
第1章 無限の「気」の力で、心と身体を治す
第2章 人生を楽にするヨーガの教え
第3章 瞑想と呼吸法で、ゼロから自分を変える
第4章 旅は最高のエネルギーを与えてくれる
おわりに



【著者紹介】
望月勇(もちづき・いさむ)
気功治療家、ヨーガ指導者。
1948年静岡県生まれ。会社員生活の後、73年、25歳で世界放浪の旅に出る。ヨーロッパ各国を旅した後、イスラエルのキブツに参加し、シナイ半島、アラブ諸国、インド、ネパールなどを放浪して、78年、5年ぶりに帰国。79年、アフリカに渡り、7ヵ月でサハラ砂漠を野宿とヒッチハイクで横断し、キリマンジャロに登頂。以後も旅を重ねるうち、自らの「気」と「人を癒す力」に目覚め、少林寺拳法、ヨーガ、気功を修得する。87年、ヒマラヤ山中でグルからヨーガの秘伝を、88年、武道家の早川宗甫師より気の奥義を伝授される。
現在、ロンドンに在住し、各国でヨーガ指導と気功治療を行う。著書に『いのちの力』『いのちのヨーガ』(共に平凡社)、『気の発見』(五木寛之氏との共著、角川文庫)などがある。