発達障害と人間関係 カサンドラ症候群にならないために

講談社現代新書
ハッタツショウガイトニンゲンカンケイカサンドラショウコウグンニナラナイタメニ
  • 電子あり
発達障害と人間関係 カサンドラ症候群にならないために
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

■■■発達障害の夫や妻、子どもとの関係が
よくなるコツとは?■■■

■■■発達障害の職場の上司・部下とは、どうすれば
うまくコミュニケーションがとれるのか?■■■

□ 発達障害は親の育て方やしつけが原因?
□ その場の話題に合わせるのが苦手?
□ 同時に二つのことができない?
□ 突然の予定変更に順応できず、混乱する?

■■■発達障害の人との人間関係が原因で起こる
「カサンドラ症候群」とは?■■■

第一人者が発達障害にまつわる
「疑問」と「不安」にお答えした、
発達障害の当事者と周囲の人々の
「生きづらさ」「しんどさ」をなくすための本!

・・・・・・・・・・

私は、発達障害の人と周囲の人たちとが
お互いに「なんだか違う」と思いながらも、
わかりあって幸せになってほしいと願い、
臨床を続けてきました。

世間には、子どもの発達障害に関する本、
大人の発達障害に関する本がたくさん刊行されていますが、
本書は発達障害の知識そのものにとどまらず、
「カサンドラ症候群」を補助線としながら、
発達障害の人と周囲の人との関係性や
コミュニケーションに着目しているのが、大きな特長です。

ASDの人たちはふだんどのような悩みを抱えているのか。

最近増加している「大人の発達障害」が、
日常生活を送るうえで周囲に
どのような影響を与えているか。

具体的な臨床例を参考にしながら、
一緒に考えていきたいと思います。

家庭でも職場でも、お互いにわかりあいながら、
違っていても、違っているからこそ、
一緒になって生きていこう――。

そうした社会の実現に向けて、
少しでも前に進むことができたら幸いです。

・・・・・・・・・・

■■本書のおもな内容■■

第1章 発達障害とカサンドラ症候群
 1 発達障害の基礎知識
 2 いま増加中の「カサンドラ症候群」とは
第2章 職場と人間関係――上司や部下がASDの場合
第3章 家庭と人間関係――家族の誰かがASDの場合
 1 夫(父親)がASDのケース
 2 子どもがASDのケース
 3 妻(母親)がASDのケース
第4章 発達障害と夫婦関係
第5章 発達障害と親子関係
第6章 どうすればラクになれるのか

目次

  • 第1章 発達障害とカサンドラ症候群
  •  1 発達障害の基礎知識
  •  2 いま増加中の「カサンドラ症候群」とは
  • 第2章 職場と人間関係――上司や部下がASDの場合
  • 第3章 家庭と人間関係――家族の誰かがASDの場合
  •  1 夫(父親)がASDのケース
  •  2 子どもがASDのケース
  •  3 妻(母親)がASDのケース
  • 第4章 発達障害と夫婦関係
  • 第5章 発達障害と親子関係
  • 第6章 どうすればラクになれるのか

製品情報

製品名 発達障害と人間関係 カサンドラ症候群にならないために
著者名 著:宮尾 益知
発売日 2021年04月14日
価格 定価:946円(本体860円)
ISBN 978-4-06-518442-4
通巻番号 2611
判型 新書
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:宮尾 益知(ミヤオ マストモ)

東京都生まれ。徳島大学医学部卒業後、東京大学医学部小児科学教室、自治医科大学小児科学教室、ハーバード大学神経科、国立成育医療研究センターこころの診療部発達心理科などを経て、2014年に「どんぐり発達クリニック」を開院。専門は発達行動小児科学、小児精神神経学、神経生理学。発達障害の臨床経験が豊富。近著に『子どもの面倒を見ない。お母さんとの会話が少ない お父さんが発達障害とわかったら読む本』『発達障害の悩みに答える一問一答』(以上、河出書房新社)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る