なぜか笑顔になれる認知症介護

ナゼカエガオニナレルニンチショウカイゴ
  • 電子あり
なぜか笑顔になれる認知症介護
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

第1章 認知症を恐ろしい病気にするかどうかは、あなた次第

<認知症になった! 人生はもう「おしまい」なのか?>
誤解だらけの「認知症」。偏見や思い込みが家族や本人を不幸にする

<できることまで奪わないで!>
本人の「生きがい」が家族の介護を楽にする

<退職・免職? もう働けない?>
十分な障害年金をもらうためにやるべきこと

<本人だってくやしい!>
認知症の人も物忘れなんてしたくないのだ

<言葉に気をつけて!>
あなたのひと言が人格を壊す

<当事者の心の中はどうなっているのか?>
認知症の「問題行動」はなぜ起きるのか

<周囲はどう支える?>
本人の「できる」が当事者と家族を笑顔にする

<上手に人やツールに頼る>
気持ちが楽になる自立の方法


第2章 認知症への心構え、できていますか?

<認知症になるのは高齢者ばかりではない>
40歳代は認知症を考えるターニングポイント

<加入者急増中!>
認知症保険はお得なのか?

<早すぎるなんてことはない>
40歳代からのエンディングノート

<バリアフリーなら安全?>
認知症のためのリフォームとは?

<もしかして認知症?>
早期発見なら改善の可能性も


第3章 もしも家族が「認知症」になったら

<認知症と診断されたら?>
知っておきたいサポート制度

<意外! 障害は「本人に聞く」がいちばん>
認知症の症状は十人十色

<その接し方、逆効果です>
介護のプロに聞く 認知症介護の基本

<お父ちゃん、ごめんね>
介護より「快護」

<自分の介護が正しいか迷ったら?>
ドクター・グーグルに惑わされるな


第4章 成年後見制度、介護施設etc
知らなければ地獄を見る落とし穴

<理不尽なことだらけ!>
成年後見制度で「地獄」を見た

<制度の要は「人」にあり>
成年後見制度が役立つのは認知症の独り身だけ

<薬が人を壊していく>
介護する家族が知っておきたい医療知識

<介護にマニュアルはない>
ユマニチュードは魔法のケアか?

<「死にゆく」場所を後悔しないために>
介護施設の「優良ランキング」を信じるな

<脳と身体を鍛えれば……>
認知症は予防できるか?

製品情報

製品名 なぜか笑顔になれる認知症介護
著者名 著:奥野 修司
発売日 2019年11月21日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-518324-3
判型 新書
ページ数 224ページ

著者紹介

著:奥野 修司(オクノ シュウジ)

大阪府生まれ。ノンフィクション作家。立命館大学卒業。1978年から南米で日系移民を調査する。帰国後、フリージャーナリストとして活躍。1998年、「28年前の『酒鬼薔薇』は今」で、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」を受賞。『ナツコ 沖縄密貿易の女王』で、2005年に講談社ノンフイクション賞を、2006年に大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『ねじれた絆』『満足死』『心にナイフをしのばせて』『放射能に抗う』『がん治療革命』『魂でもいいから、側にいて』『ゆかいな認知症』など著作多数。共著に『丹野智文 笑顔で生きる 認知症とともに』『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る