哲学のすすめ

講談社現代新書
テツガクノススメ
哲学のすすめ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間はなんのために生きているのだろう?どうしたら幸福になれるのだろうか?哲学はいったいどんな役に立つのだろう?哲学と科学はどうちがうのか?哲学はいつの時代も変らないのだろうか?本書は、こんな疑問にやさしく答えながら、「考える」ことの重要さを説き、生きる上の原理としての哲学を深めた、よりよく生きるためのユニークな哲学入門である。――著者のことば

哲学というものは、その本質上、文章では説明しにくいことが多く、そのため用語も必要以上に難解になり、わかりにくくなる傾向があるが、著者は、日本の哲学書にありがちな特殊な専門語をできるだけ使わずに、ごく平明な文章で説明することに努めている。哲学的な「考え方」を説明し、哲学と科学とはどう違うかというような根本問題を説いている。表現はやさしくできているが、扱われている問題は高度に哲学的である。

目次

  • ●だれでも哲学を持っている
  • ●科学の限界はなにか
  • ●哲学と科学は対立するか
  • ●哲学は個人生活をどう規定するか
  • ●哲学は社会的意義を持つか
  • ●哲学は現実に対して力をもつか
  • ●科学の基礎にも哲学がある
  • ●哲学は学問性をもちうるか
  • ●人間の有限性の自覚

製品情報

製品名 哲学のすすめ
著者名 著:岩崎 武雄
発売日 1966年01月16日
価格 定価:814円(本体740円)
ISBN 978-4-06-115466-7
通巻番号 66
判型 新書
ページ数 203ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス