わたしの哲学入門

講談社学術文庫
ワタシノテツガクニュウモン
  • 電子あり
わたしの哲学入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第二次大戦敗戦後の混乱の渦中で青春期を生きた著者は、ハイデガーという哲学者の存在を知り、それを読まなければ済まされないという気持ちの昂揚から、東北大学の哲学科に入学。『存在と時間』を何度も読み返しながら、その内容を理解できるようになるには古代ギリシャ以来のの西洋形而上学の展開を知らなければならないと思うようになります。なぜなら、ハイデガーの仕事そのものが西洋哲学史の根本的な見直し、形而上学的思考が歴史的に特殊なものだったことを明らかにすることに狙いがあったからです。
本書は、「存在とは何か」という哲学史を貫くテーマを軸として、プラトン・アリストテレスからスコラ神学、そしてデカルト・カントに始まる近代哲学まで、著者本人がハイデガーに触発されつつたどっていった西洋思想の流れを、日本人にわかりやすい形で解説するものです。

目次

  • 1 哲学のとこが難しいか
  • 2 ドストエフスキーとの出会い
  • 3 『存在と時間』を読みたい一心で
  • 4 カント・ヘーゲル・フッサールを読む
  • 5 ハイデガーに即して
  • 6 哲学の根本問題「存在とは何か」
  • 7 存在了解・超越・世界内存在
  • 8 存在と時間
  • 9 存在論の歴史的解体
  • 10 哲学のはじまり
  • 11 自然的思索と形而上学的思考
  • 12 プラトンとアリストテレス
  • 13 本質存在と事実存在
  • 14 シェリングとキルケゴール
  • 15 形而上学の展開
  • 16 主観性の哲学・カント
  • 17 カントからヘーゲルへ
  • 18 ニーチェ「力への意志」

製品情報

製品名 わたしの哲学入門
著者名 著:木田 元
発売日 2014年04月10日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-292233-3
判型 A6
ページ数 392ページ
電子版製品名 わたしの哲学入門
シリーズ 講談社学術文庫
初出 『大航海』1号(1994年12月)~20号(1998年2月)の連載をまとめて、1998年4月、新書館より刊行。

著者紹介

著:木田 元(キダ ゲン)

1928年生まれ。
哲学者。
東北大学文学部哲学科卒業。
中央大学名誉教授。
主な著書に『現象学』『ハイデガー』『ハイデガーの思想』『メルロ=ポンティの思想』『マッハとニーチェ』『反哲学史』『現代の哲学』『闇屋になりそこねた哲学者』『精神の哲学・肉体の哲学』など多数。

オンライン書店で見る