その認知症ケアは大まちがい!

介護ライブラリー
ソノニンチショウケアハオオマチガイ
  • 電子あり
その認知症ケアは大まちがい!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

認知症介護は、知らないと損することだらけ!
お年寄りも介護する人も、余計な苦労をしないように。
ぼけたくない人、悪化させたくない人、必携の本です。

ご存じでしたか? これらはぜーーーーんぶ誤解です。
×高齢者の5人に1人は認知症になる
×物忘れがひどくなったら認知症だ
×心配なときは、医者に行くべきだ
×認知症の薬はいい効果がある。きちんと飲むべきだ
×隠居した身だから、家事から解放してあげよう

こうした誤解や間違った介護が、高齢者の認知症を悪化させ、
家族や介護職の負担を増やしています。

介護は避けられなくとも、「タブー」を知っておけば余計な苦労は避けられます。

認知症の人も、家族も、そして介護職も、みんなが穏やかに過ごすために
「知っておきたいこと」「やるべきこと」を46の項目にギュッとまとめました!

【本書はここがスゴイ!】
・認知症介護のカリスマと、話題の介護ライターによる徹底解説
・2ページ単位の解説でスイスイ読める
・100点以上のイラスト、図版、マンガを使った完全図解
・目からウロコ! 長年の経験から導き出された介護法や情報が満載

認知症が心配な人、いままさに認知症で困っている人には、絶対に役立ちます!

目次

  • ★本書の構成★
  • 認知症をめぐる「誤解」「タブー」が一目でわかる!
  • 【第1章 認知症についての誤解】
  • ×認知症は病気だ
  • ×認知症の原因は脳にある
  • ×高齢者の5人に1人は認知症になる  ほか
  • 【第2章 認知症の医療と介護についての誤解】
  • ×「早期受診・早期診断・早期治療」が大切だ
  • ×専門医にかかれば正確な診断や治療ができる
  • ×介護職員は、認知症のことをよく理解している   ほか
  • 【第3章 認知症の薬についての誤解】
  • ×薬である以上、いい効果があるはずだ
  • ×決められたとおり服用していれば間違いない
  • ×医者が処方してくれる認知症の薬だから安全だ  ほか
  • 【第4章 認知症の人の生活と環境への誤解】
  • ×田舎の親が認知症気味なら呼び寄せたほうがいい
  • ×もう隠居なのだから、家事の分担から解放しよう
  • ×施設に入れたほうが、いいケアを受けられる    ほか
  • 【第5章 いわゆる「問題行動」への誤解】
  • ×家にいるのに「帰る」というの病気のせいだ
  • ×便をいじる人は、人格が崩壊したのだ
  • ×早く死にたいと言われたら、聞き流すのがいちばんだ ほか

製品情報

製品名 その認知症ケアは大まちがい!
著者名 著:三好 春樹 著:東田 勉
発売日 2017年06月13日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-282476-7
判型 B20取
ページ数 100ページ
電子版製品名 その認知症ケアは大まちがい!
シリーズ 介護ライブラリー

著者紹介

著:三好 春樹(ミヨシ ハルキ)

1950年生まれ、理学療法士。現在、「生活とリハビリ研究所」代表。介護をテーマに年間150回を超える講演と実技指導を行い絶大な支持を得ている。『認知症介護 現場からの見方と関わり学』(雲母書房)、『完全図解 新しい介護 全面改定版』(講談社)、『介護のススメ! 希望と創造の老人ケア入門』 (筑摩書房)など著書・監修書多数。

著:東田 勉(ヒガシダ ツトム)

1952年生まれ。コピーライターとして制作会社数社に勤務後、フリーライターとなる。医療・福祉・介護分野の取材や執筆多数。著書に『認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし』(村瀬孝生との共著、SBクリエイティブ)、『認知症の「真実」』『親の介護をする前に読む本』(以上、講談社)、などがある。

オンライン書店で見る