発達障害 うちの子、人づきあい だいじょーぶ!?

こころライブラリー
ハッタツショウガイウチノコヒトヅキアイダイジョーブ
発達障害 うちの子、人づきあい だいじょーぶ!?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

友達、恋愛、夫婦関係……発達障害の人は、どうしてる?

発達障害の人は人間関係で悩みを抱えがちです。

どんな問題が待ち受けているのか?
なぜうまくいかないのか?
どうすれば解決できるのか?

この本が役に立ちます。

当事者のリアルな悩みから支援機関の活動、
そして当事者自身が考えた、独自の対策まで。
マンガでわかりやすくまとめました。

【本書の特徴】

◎友達から夫婦まで、成長にともなう人間関係の変化を見とおせる初めての本

◎マンガだから、文字が苦手な人もスラスラ読める!

◎全編取材にもとづいたノンフィクション(現場で得た声だけで構成されています)

◎子どもへの教育から恋愛事情、夫婦関係まで幅広くカバー

◎困り事の解決に役立つヒントが満載!
・自己評価を下げない「おふだ」の考え方
・循環型の思考
・統計の発想
など、当事者自身が考案した独自の対策の数々を紹介

◎現場の支援者によるコラムもスゴイ!

目次

  • ●こんにちは! かなしろにゃんこ。です
  • ●1章 「人づきあい」についてどう思っていますか?
  • ●2章 なぜ、うまくいかないの? ある当事者の見解(1)
  • ●3章 できることは、ありますか? ある当事者の見解(2)
  • ◎コラム 身につけたい大切な力(柳下記子)
  • ●4章 「おつきあい」の中で学んだこと
  • ●5章 ハラスメントにあって
  • ●6章 発達障害は「おもしろい」!?
  • ◎コラム 人間関係には「見えない部分」がある(川上ちひろ)
  • ●7章 奥さんはツライよ
  • ●8章 パートナーとともに生きていく知恵
  • ●9章 制限のない支援
  • ●エピローグ
  • ◎コラム これからは「家庭適応」も大事です(滝口のぞみ)

製品情報

製品名 発達障害 うちの子、人づきあい だいじょーぶ!?
著者名 著:かなしろにゃんこ。
発売日 2016年07月26日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-259715-9
判型 A5
ページ数 176ページ
シリーズ こころライブラリー

著者紹介

著:かなしろにゃんこ。(カナシロニャンコ。)

千葉県生まれ。漫画家。1996年に「なかよし」でデビュー。代表作に「ムーぽん」などがある。『大人も知らない「本当の友だち」のつくり方』『11歳の身の上相談』(ともに講談社)などにも漫画やイラストを寄稿している。その他の作品に、発達障害のADHDがある息子との日々を描いた『漫画家ママのうちの子はADHD』(監修・田中康雄)『発達障害 うちの子、将来どーなるのっ!?』(以上、講談社)『発達障害でもピアノが弾けますか?』(原作・中嶋恵美子、ヤマハミュージックメディア)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV