哲学以前

講談社学術文庫
テツガクイゼン
著:出隆
哲学以前
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、戦前戦後を通じて長い間、知的青年として不動の地置を占めていた。この爆発的に読まれ続けた理由は、何が人生にとって大切であるかを、改めて自覚させる根拠を与えてくれたこと。また、本書が哲学への巧みな入門書であると同時に、デカルトやカントと並んで西田幾多郎の「自覚に於ける直感と反省」を取りあげて、現存する日本人の思索力を高く評価し、学問的な希望を与えてくれたからである。(今道友信・解説より)

目次

  • ● 真理思慕
  • 1 真理への愛欲と知欲=知識欲
  • 2 新生としての哲学的精神
  • 3 哲学への要求と非難
  • ● 立場と世界
  • 1 学問とは何か
  • 2 そのままの事実すなわち純粋経験とこれを見る立場
  • 3 種々の立場、立場における真理及び立場以前
  • 4 立場とその立場における世界
  • 5 立場の立場=哲学の立場
  • 6 常識と哲学、さらに立場の考察
  • 7 科学と、科学批判としての哲学
  • 8 科学の方法と哲学の方法
  • 9 芸術的の態度
  • 10 宗教的の態度
  • 11 真理について
  • 12 科学的の立場における実在と真理
  • 13 芸術及び宗教と絶対界
  • 14 結論=道徳と哲学

製品情報

製品名 哲学以前
著者名 著:出隆
発売日 1988年04月04日
価格 定価 : 本体1,170円(税別)
ISBN 978-4-06-158824-0
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、勁草書房刊『哲学以前』(1984年7月、第16刷)を底本としました。

著者紹介

著:出隆(イデタカシ)

1892~1980。岡山県生まれ。東京帝国大学文学部卒業。日本大学、法政大学、東洋大学で教授職を歴任後、東京帝大助教授、教授を務める。専攻は西洋哲学史、アリストテレス研究。著書に『ギリシヤの哲学と政治』『アリストテレス形而上学』『アリストテレス哲学入門』『西洋哲学史』『ソクラテスの道』『ギリシャの哲学と政治』『ソクラテス以前』、訳書にエピクロス『エピクロス――教説と手紙』、アリストテレス『形而上学』など。ほかに「出隆著作集」がある。