江戸滑稽化物尽くし

講談社学術文庫
エドコッケイバケモノヅクシ
江戸滑稽化物尽くし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豆腐小僧、ももんがあ、見越入道が嗤う――
黄表紙から飛び出したドジで憎めない妖怪たち
異類と「笑い」をめぐる江戸っ子の心性とはなにか

絵と文章で構成され、江戸時代中期、社会風潮や流行をパロディー化する大衆文学としてさかんになった黄表紙。そこに登場する、人間社会に興味津々な化物たちが巻き起こす数々の「笑い」は、現代を生きる我々に何を伝えるのか。化物という「異文化」を通し、江戸時代の生活様式や価値観、江戸っ子の心性を鮮やかに描き出した、異色の近世文学研究。

目次

  • プロローグ 化物との出会い
  • 第一章 滑稽な化物たち
  •  1 商品としての化物
  •  2 怖さが笑いに変わるとき
  • 第二章 アウトサイダーとしての化物
  •  1 野暮になった化物たち
  •  2 江戸の「通」と化物
  • 第三章 化物の「異文化」と諷刺
  •  1 異文化と現実の世界
  •  2 諷刺としての化物
  • 第四章 江戸の不思議な異類
  •  1 さまざまな異国
  •  2 異類合戦物
  • エピローグ 化物は国境を越える

製品情報

製品名 江戸滑稽化物尽くし
著者名 著:アダム・カバット
発売日 2011年08月12日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-292068-1
通巻番号 2068
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、2003年、小社より刊行された。

書店在庫を見る