江戸滑稽化物尽くし

講談社選書メチエ
エドコッケイバケモノヅクシ
江戸滑稽化物尽くし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豆腐小僧が、ももんがあが、見越入道が嗤う

粋人に憧れる見越入道、幽霊にはめられた「ももんがあ」。
ドジで憎めない化物たちが江戸の町を闊歩する。
黄表紙に繰り広げられる珍妙な存在を通して、駄洒落・パロディー・諷刺に喝采した江戸っ子の心性を考察する。

目次

  • プロローグ 化物との出会い
  • 第1章 滑稽な化物たち
  • 1.商品としての化物
  • 2.怖さが笑いに変わるとき
  • 第2章 アウトサイダーとしての化物
  • 1.野暮になった化物たち
  • 2.江戸の「通」と化物
  • 第3章 化物の「異文化」と諷刺
  • 1.異文化と現実の世界
  • 2.諷刺としての化物
  • 第4章 江戸の不思議な異類
  • 1.さまざまな異国
  • 2.異類合戦物
  • エピローグ 化物は国境を越える

製品情報

製品名 江戸滑稽化物尽くし
著者名 著:アダム・カバット
発売日 2003年03月10日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-258265-0
通巻番号 265
判型 四六
ページ数 248ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る