「霊山と日本人」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
霊山と日本人

主要霊山ごと、あるいは個別宗教ごとにしか語られてこなかった日本の山岳信仰。本書はそれを世界、とくに東アジアの山岳信仰のなかに位置づけ、包括的に捉えたはじめての本である。霊山の特徴、信仰、儀礼などを、人々の生活と関連づけて考えることで、山の霊性とは何かを明らかにする。 私たちはなぜ山に手を合わせるのか。神仏や天狗はなぜ山に住まうのか。 いま、あらためて、自然や「聖なるもの」を問いなおす。