「滑稽の研究」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
  • 特集・レビュー
滑稽の研究

「滑稽とはなにか」 「のらくろ」の巨匠が真摯に探求した。 国内外の美学、修辞学、論理学等の著作から 滑稽論を渉猟し、理論的バックボーンを追求。 また、芸能・文芸・絵画の史料にその発祥を求める。 ユーモア、ウィット、笑い、コミック、ナンセンス、、、、 様々な滑稽の表層から核心に近づこうと苦心する 巨匠のあゆみを追体験する。 理論の実例として、実作者ならでは、 自身の作品を豊富に使用。 (「理論編」に挿入されるアリストテレス、カント、ベルグソンらの似顔絵も一見の価値あり。) また、愛弟子の長谷川町子ほか同時代作家の作品も、 巨匠によるあたたかな解説とともに掲載。