図説 金枝篇(下)

講談社学術文庫
ズセツキンシヘン
図説 金枝篇(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

長い探究の旅の果てに待つ<神殺し>と<森の王>の秘密
祭司はなぜ殺されたのか? 「金枝」とは? 民俗と信仰をめぐる膨大な実例から古代人の思考を探る

「死にゆく神」と「森の王」をめぐる探究はいよいよ佳境へ。古代ギリシアからケルト、中東、インド、南北アメリカなど、各地の自然崇拝と呪術を分析し、未開社会に残された信仰とタブーの実例から、人類の思考の起源へと遡る。その後の人文学と文芸に多くの示唆を与えた「民俗資料の宝庫」にして、数々の賞讃と批判をあびた「世紀の名著」のエッセンス。

※本書は、東京書籍より刊行されている『図説 金枝篇』(1994年)を原本とし、文庫化にあたり上・下巻に分冊したものです。

目次

  • 第四部 アドニス
  •  第一章 アドニス神話
  •  第二章 シリアにおけるアドニス
  •  第三章 古今のアドニス
  • 第五部 穀物霊
  •  第一章 デメテルとペルセポネ
  •  第二章 ヨーロッパその他における「穀物の母」と「穀物の娘」
  •  第三章 リテュエルセス
  •  第四章 神を食う儀式
  • 第六部 身代わり
  •  第一章 災厄の転嫁
  •  第二章 身代わりについて
  •  第三章 古代における人間のいけにえ
  •  第四章 メキシコにおける神殺し
  •  第五章 サトゥルナリア祭とそれに類する農神祭
  • 第七部 麗しき神バルデル
  •  第一章 天と地のあいだ
  •  第二章 バルデル神話
  •  第三章 ヨーロッパの火祭り
  •  第四章 火祭りの意味
  •  第五章 人間を焼き殺すこと
  •  第六章 夏至前夜に摘む魔法の花
  •  第七章 バルデルとヤドリギ
  •  第八章 体から離れた霊魂
  •  第九章 金枝
  •  第十章 ネミよさらば

製品情報

製品名 図説 金枝篇(下)
著者名 著:ジェームズ.ジョージ・フレーザー 監:メアリー・ダグラス 編:サビーヌ・マコーマック 訳:吉岡 晶子
発売日 2011年05月12日
価格 定価:1,265円(本体1,150円)
ISBN 978-4-06-292048-3
通巻番号 2048
判型 A6
ページ数 344ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 東京書籍より刊行されている「図説 金枝篇」(1994年)を原本とし、文庫化にあたり上・下巻に分冊したもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス