図説 金枝篇(上)

講談社学術文庫
ズセツキンシヘン
図説 金枝篇(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

民族学の不朽の古典を読みやすい〔図説・簡約版〕で
世界各地の神話・呪術・タブーを集成し、20世紀の人文学に多大な影響を与えた全13巻におよぶ大著のエッセンス

イタリアのネミ村の祭司は、なぜ「聖なる樹」の枝を手にした者と戦い、殺される宿命にあったのか。この謎を解くべく、イギリスのフレーザーは四十年を費やして全十三巻の大著『金枝篇』を著した。世界各地の信仰と習俗を蒐集した民族学の必読書であり、難解さでも知られるこの書を、二人の人類学者が読みやすく編集した[図説・簡約版]の日本語訳。

※本書は、東京書籍より刊行されている『図説 金枝篇』(1994年)を原本とし、文庫化にあたり上・下巻に分冊したものです。

目次

  • 第一部 呪術と王の成り立ち
  •  第一章 森の王
  •  第二章 祭司たる王
  •  第三章 共感呪術
  •  第四章 呪術による天候の支配
  •  第五章 神格をもつ王
  •  第六章 樹木崇拝
  •  第七章 植物の生育と性の関係
  •  第八章 聖なる結婚
  •  第九章 オーク崇拝
  • 第二部 タブーと霊魂の危難
  •  第一章 王者の重荷
  •  第二章 霊魂の危難
  •  第三章 タブーとされる行動と人物
  •  第四章 未開人への感謝
  • 第三部 死にゆく神
  •  第一章 神々の死
  •  第二章 聖なる王を殺すこと
  •  第三章 王殺しに代わる慣習
  •  第四章 樹木の霊を殺す

製品情報

製品名 図説 金枝篇(上)
著者名 著:ジェームズ.ジョージ・フレーザー 監:メアリー・ダグラス 編:サビーヌ・マコーマック 訳:吉岡 晶子
発売日 2011年04月12日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-292047-6
通巻番号 2047
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 東京書籍より刊行されている「図説 金枝篇」(1994年)を原本とし、文庫化にあたり上・下巻に分冊したもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス