誤解されない話し方 説得力より納得力

講談社+α新書
ゴカイサレナイハナシカタセットクリョクヨリナットクリョク
  • 電子あり
誤解されない話し方 説得力より納得力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

コミュニケーションにおいて重要なことは、円滑に自分の意見を通し、相手を「説得」するのではなく「納得」させることである。「誤解する」「誤解される」連鎖の仕組みを理解することで、相手の発言を正しく理解でき、自分の発言を正しく理解してもらうことができる。本書で触れる内容はビジネスに限ったことではない。コミュニケーション・スキルを身に付けることは、どんな状況でも自身の助けになってくれるはずである。

目次

  • はじめに
  • 第一章 会話は誤解で成り立っている
  • 日本語会話の八割は誤解である
  • 「そんなことまで」言わせる時代
  • 「言葉にしなくても分かる」は無理
  • 危険なキーワード「そもそも」
  • 誤解をなくすためにできること
  • 二種類の誤解を認識する
  • 理解されないことは無いも同じ
  • 注目されてからが本当の勝負
  • 乗り越えるべき壁を作る
  • なぜ聞く耳を持たれないのか
  • 信憑性と立ち振る舞い
  • 「立ち振る舞い」とは何か
  • 男と女は別の生き物である
  • 解決したい男、共感されたい女
  • 環境は作ることができる
  • 第二章 会話で得する人、損する人
  • 損する会話と

製品情報

製品名 誤解されない話し方 説得力より納得力
著者名 著:梅田 悟司
発売日 2010年05月22日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272656-6
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る