「天皇家」誕生の謎 古代史から見た権力と天皇

テンノウケタンジョウノナゾコダイシカラミタケンリョクトテンノウ
「天皇家」誕生の謎 古代史から見た権力と天皇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「皇位」はいつ、どのように築かれたのか。

王朝の始祖として神武や崇神の名が挙げられ、「天皇」という称号は天武時代から……これらは正しいのか。その事実は?皇室の原点を探る。
天皇系図(初代~50代)付き

「天皇」とは何者なのか。そして誰が、この天皇という不思議な王を求めたのか。天皇をめぐる深い謎に、答えは見つかるのだろうか。謎を解くカギは、3世紀後半のヤマト建国から8世紀にかけての凄惨な政争の中に隠されているように思えてならない。その秘密を解き明かしてみたい。――<「はじめに」より>

目次

  • 序章 王家の虚無
  • 第1章 すり替えられた皇祖神
  • 第2章 富士山と東国と天皇の謎
  • 第3章 表の天皇、裏の出雲
  • 第4章 天皇とは何か

製品情報

製品名 「天皇家」誕生の謎 古代史から見た権力と天皇
著者名 著:関 裕二
発売日 2007年08月11日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-214203-8
判型 四六
ページ数 230ページ

書店在庫を見る