「皇后考」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
皇后考

毎日出版文化賞を受賞した『大正天皇』と司馬遼太郎賞を受賞した『昭和天皇』の著者が、新たなる地平を切り開いたのは【皇后】という視点であった。
悠久なる日本の歴史のなかで、皇后の果たした役目とは何だったのか。皇后の存在を初めて世に問う書物がここに誕生した。
歴代皇后のなかでも大正天皇の妃で、後の貞明皇后が激動の大正、昭和の時代にどのような影響を与えたのかを、豊富な資料と取材、そして「昭和天皇実録」から明らかにした、今一番読まなくてはいけない本である。
さて、その目次を紐解いてみると、
1 序──ある詔書をめぐって
2 神功皇后と神武天皇(1)
3 神功皇后と神武天皇(2)
4 皇后美子・神功皇后・日蓮宗(1)
5 皇后美子・神功皇后・日蓮宗(2)
6 皇太子妃節子の孤独(1)
7 皇太子妃節子の孤独(2)
8 団欒と大病と(1)
9 団欒と大病と(2)
10 大正天皇の発病
11 もうひとつの大礼
12 皇太子裕仁の訪欧と英国王室
13 九州へ(1)
14 九州へ(2)
15 関東大震災
16 大正の終焉
17 必ズ神罰アルベシ
18 元女官長の乱心
19 戦争と皇太后・皇后
20 戦争と皇太后・皇后
21 天皇の退位問題と皇太后
22 皇太后の急逝
23 よみがえる光明皇后

日本における「皇后」という新しい研究分野の堂々たる内容である。