魔の系譜

講談社学術文庫
マノケイフ
魔の系譜
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

魔とは何か? 日本の王権を支えてきた影の部分を、著者は日本人の情念の歴史として捉え、死者の魔が生者を支配するという奇怪至極な歴史の裏側の流れを認めないものは、真の歴史を理解することはできないと主張する。呪術師や巫女の発生、呪詛や魔除けなどを通して、日本人特有の怨念を描く著者の眼光は鋭く、柳田国男や折口信夫がいまだ形をなし得なかった論点を直截に表現した本書が、谷川民俗学の原点といわれるゆえんであろう。

目次

  • 1 「学術文庫」のためのまえがき
  • 2 怨念の序章
  • 3 聖なる動物
  • 4 崇徳上皇
  • 5 バスチャン考
  • 6 仮面の人形
  • 7 再生と転生
  • 8 地霊の叫び
  • 9 魂虫譚
  • 10 犬神考
  • 11 狂笑の論理
  • 12 装飾古墳
  • 13 あとがき
  • 14 解説

製品情報

製品名 魔の系譜
著者名 著:谷川 健一
発売日 1984年11月07日
価格 定価:1,056円(本体960円)
ISBN 978-4-06-158661-1
通巻番号 661
判型 A6
ページ数 261ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス