四月七日の桜 戦艦「大和」と伊藤整一の最期

講談社文庫
シガツナノカノサクラセンカンヤマトトイトウセイイチノサイゴ
  • 電子あり
四月七日の桜 戦艦「大和」と伊藤整一の最期
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「特攻作戦中止」。
沈む「大和」艦上で、その命令が、多くの命を救った。

「大和」と運命を共にした司令長官・伊藤整一の
信念に満ちた生涯を描く傑作ノンフィクション!

戦艦「大和」、司令長官の生涯。


「いとしき
最愛のちとせどの――」

「大和」での出撃直前に書かれた三通の遺書。
日本海軍の中枢であまりにも厳しい戦争の現実と向き合いつづけた
伊藤を支えたのは、家族との絆だった。
貴重な資料と証言で綴る感動のノンフィクション


太平洋戦争末期、沖縄へと向かう戦艦「大和」に乗艦予定だった少尉候補生らの命を救ったのは、司令長官・伊藤整一の英断であった。九州の農家に生まれ、海軍の中枢に上り詰めた伊藤の、真珠湾攻撃以降の苦悩、「大和」での最期。信念に満ちた生涯と家族との絆を多数の証言から克明に描くノンフィクション。

製品情報

製品名 四月七日の桜 戦艦「大和」と伊藤整一の最期
著者名 著:中田 整一
発売日 2021年03月12日
価格 定価:792円(本体720円)
ISBN 978-4-06-522755-8
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年4月、弊社より単行本として刊行されました。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る