日本人の原風景 風土と信心とたつきの道

講談社学術文庫
ニホンジンノゲンフウケイフウドトシンジントタツキノミチ
  • 電子あり
日本人の原風景 風土と信心とたつきの道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

山に富み、森林に覆われ、海に囲まれた列島。そこに棲む日本人は自然の恵みを享受し、生計を立て、カミに礼を尽くしては人生の節目とした。また、参詣・巡礼に言寄せた遊山や漂白・旅の渡世は、楽も苦も味わう深さをもたらした。
近世に固まったそうしたスタイルは、しかし高度経済成長期を境に変容を余儀なくされる。見失われた日本人の暮らしと人生の豊穣はどんな形だったのか。民俗学者がフィールド観察と研究の蓄積をもとに語る。

目次

  • 第一章 山に富む列島の恵み――森が産みを育てる
  • 第二章 四季五節の循環――旧暦で語るべし
  • 第三章 人生の節目に現れる神仏――願かけとご先祖様
  • 第四章 参詣と巡礼のなかの信心――遊山の片身ごろとして
  • 第五章 今は昔の旅人たちの「たつき」

製品情報

製品名 日本人の原風景 風土と信心とたつきの道
著者名 著:神崎 宣武
発売日 2021年01月12日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-522383-3
通巻番号 2644
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は『學鎧』(丸善出版株式会社発行)の以下の号に掲載された文章を元として、改稿・加筆したものです。2009年第106巻No.1・2~2010年第107巻No.1・2、2011年第108巻No.1~2019年第116巻No.2に掲載。

著者紹介

著:神崎 宣武(カンザキ ノリタケ)

1944年岡山県生まれ。民俗学者。現在、旅の文化研究所所長。郷里(岡山県井原市美星町)では宇佐八幡宮のほか二社の宮司。
著書に『江戸の旅文化』『聞書き 遊郭成駒屋』『酒の日本文化』『しきたりの日本文化』『社をもたない神々』『神主と村の民族誌』など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る