ガザ、西岸地区、アンマン 「国境なき医師団」を見に行く

文芸(単行本)
ガザセイガンチクアンマンコッキョウナキイシダンヲミニイク
  • 電子あり
ガザ、西岸地区、アンマン 「国境なき医師団」を見に行く
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界の矛盾が凝縮された場所――パレスチナ。そこで作家は何を見て、何を感じたのか?同時代の「世界のリアル」を伝える傑作ルポルタージュ!

抗議デモで銃撃されるガザの若者たち、巨大な分離壁で囲まれたヨルダン川西岸地区、中東全域から紛争被害者が集まるアンマンの再建外科病院ーー。「国境なき医師団」に同行して現地を訪ねた作家が、そこに生きる人たちの困難と希望を伝える好評シリーズ最新刊。

「見つめるほうも、見つめられるほうも、その瞬間を生きている。戸惑いの中から漏れる言葉に吸い寄せられた。」武田砂鉄さん(ライター)

「いとうさんだからかけた、ニュースでは見えない人間のドラマ。最前線のリアルが立体的に伝わる一冊です。」白川優子さん(「国境なき医師団」看護師)

製品情報

製品名 ガザ、西岸地区、アンマン 「国境なき医師団」を見に行く
著者名 著:いとう せいこう
発売日 2021年01月20日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-522234-8
判型 四六変型
ページ数 234ページ
初出 『群像』2020年3月号~9月号

著者紹介

著:いとう せいこう(イトウ セイコウ)

1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエイターとして活字・映像・音楽・舞台など多方面で活躍。『ボタニカル・ライフ』で第15回講談社エッセイ賞を受賞。『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。ほかの著書に『ノーライフキング』『存在しない小説』『我々の恋愛』『どんぶらこ』『見仏記』(みうらじゅんとの共著)など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る