「国境なき医師団」を見に行く

講談社文庫
コッキョウナキイシダンヲミニイク
  • 電子あり
  • イベント
「国境なき医師団」を見に行く
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大震災後のハイチで新生児の命を救う産科救急センター、中東やアフリカから難民が流れ込むギリシャの難民キャンプ支援、フィリピンのスラムで女性を守る性教育プロジェクト、南スーダンから100万人の難民が流入したウガンダでの緊急支援――。
各国のリアルな現場を訪ね大きな話題となったルポルタージュ。

Yahoo!好評連載、待望の文庫化!

※ 本書の売上の一部は「国境なき医師団」に寄付されます 

製品情報

製品名 「国境なき医師団」を見に行く
著者名 著:いとう せいこう
発売日 2020年12月15日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-521941-6
判型 A6
ページ数 462ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2017年11月、小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:いとう せいこう(イトウ セイコウ)

いとうせいこう 作家・クリエーター。1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など多方面で活躍。『ボタニカル・ライフ』で第15回講談社エッセイ賞を受賞。『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。ほかの著書に『ノーライフキング』『見仏記』(みうらじゅんとの共著)、『鼻に挟み撃ち』「存在しない小説』『我々の恋愛』『どんぶらこ』など。

お知らせ・ニュース

イベント
『ガザ、西岸地区、アンマン 「国境なき医師団」を見に行く』刊行記念 オンラインイベント 開催!
いとうせいこう×安田菜津紀「今こそ、世界のリアルな声に耳を澄まそう」

◆日時:2021年3月21日(日)19:00~ ※終了後1週間のアーカイブ配信あり
◆開催方法:ZOOMウェビナー機能サービス使用
◆料金:
(1)参加料のみ 1,650円(税込)
(2)参加料+書籍『ガザ、西岸地区、アンマン 「国境なき医師団」を見に行く』 3,300円(税込)

※詳細は、リンク先のこのイベントのお知らせページでご確認ください。
特集・レビュー
【超密着】実は知らない『国境なき医師団』の現場へ。感動を伝えます。
(「本」2017年12月号掲載のエッセイ)
特集・レビュー
「国境なき医師団」を見に行った。絶望と希望、現場の本音はどうか?
大地震の傷跡の残るハイチで、中東・アフリカから難民が集まるギリシャの島で、フィリピン・マニラのスラムで、南スーダンからの難民が100万人を超えたウガンダの国境地帯で。
「国境なき医師団」に同行し、日本人の目に触れない現場を見て、聞いて、書いた、希望へのルポルタージュ!
特集・レビュー
「国境なき医師団」現場個人授業──世界中の「難民」問題をライブで!

書店在庫を見る

オンライン書店で見る