「さかな記者が見た大震災 石巻讃歌」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
さかな記者が見た大震災 石巻讃歌

■念願かない「さかな町」で筆を振るった朝日新聞の名物記者が描く、石巻と東北再生の物語。泣けて、怒って、笑えて、ついでに魚が食べたくなる一冊! ■久米宏氏推薦 「三陸の人間達の必死の『生』を、無数のさかなの眼が大海原の奥から見つめている」 ■「ニュースステーション」のコメンテーターとしても知られた朝日新聞の名物記者・高成田享氏は、定年後、シニア記者として同新聞の石巻支局長をつとめていた。「さかな記者」を自認していた著者は、石巻を第二の故郷と考えてきた。  ところが、支局長退職1ヵ月後に起きた東日本大震災。  震災復興構想会議の委員にも就任した著者が目にした、石巻復興・漁業復興・東北復興の物語。  震災復興会議の裏側、行政の愚策への批判、NPO子ども未来基金の立ち上げまで、「さかな記者」1年間の記録! ■活き活きとした筆致で描かれる「さかな町」の〈3・11〉 この本は、石巻で三年間、「さかな記者」の修業をした私の震災考であるとともに、何かしなければという思いに突き動かされた私の行動録である――著者 ■本書の印税は、NPO法人「東日本大震災こども未来基金」に全額寄付されます。