「なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか 見捨てられた原発直下」既刊・関連作品一覧

なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか 見捨てられた原発直下

行政と自衛隊は老人50人の命を奪った! 現れない救援車両、真っ暗闇の院内、病院の車で逃げた自衛隊員―― その中で孤軍奮闘する医師たちが着せられた汚名!  放射能がとびかう中での「報道の暴力」 福島第一原発から4.5キロの双葉病院で起こった168時間を、証言と 取材を軸に丹念に追うスリリングなノンフィクション。 「患者見殺し」報道は虚報だった! 《本書の内容》 プロローグ 第一章 発生――3月11日 修羅場と化した医療現場 第二章 迷走――3月12日 バス「災害避難」の現実 第三章 孤立――3月12日 医師たちの証言 第四章 空白――3月13日 病院の中と外で 第五章 裏切り――3月14日 自衛隊救出の実態 第六章 苦悩――3月15日 「置き去り」誤報の真実 第七章 落命――3月16日 救出後の悲劇 第八章 誤報――3月17日 なぜ事実はねじ曲げられたか エピローグ