ペルシア帝国

講談社現代新書
ペルシアテイコク
  • 電子あり
ペルシア帝国
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜイラン高原の辺境から、世界史上に輝く二つの帝国が生まれたのか? 
ハカーマニシュ(アケメネス)朝とサーサーン朝、気鋭の研究者がその興亡を描く、世界史ファン待望の一冊!

ペルシア悲劇、ペルシア絨毯を生んだ、哀調を帯びた神秘的な桃源郷。
しかし、古代オリエント期のペルシアは、リアリズムの極致というべき世界だった!
急激な都市化、海のシルクロードの掌握がもたらす経済的繁栄。
西アジアからエジプトまで支配するに及んだ壮大な組織力と軍事力。
くりかえされる宮廷クーデターと兄弟間の殺戮……。
そしてリアリズムの塗料が剥げ落ちた時、古代ペルシアに衰亡が忍び寄る――。

製品情報

製品名 ペルシア帝国
著者名 著:青木 健
発売日 2020年08月19日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-520661-4
通巻番号 2582
判型 新書
ページ数 376ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る