偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方

講談社+α新書
ギアクノススメ
  • 電子あり
偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • 第1章 勝負勘は博打で磨く
  • 第2章 覚悟を決めて生きる
  • 第3章 仕事の価値観は極端でよい
  • 第4章 男は口説いて磨かれる
  • 第5章 男に惚れ、男に惚れられる
  • 第6章 「極端」こそ、愛すべきもの

製品情報

製品名 偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方
著者名 著:坂上 忍
発売日 2014年01月21日
価格 定価:924円(本体840円)
ISBN 978-4-06-272829-4
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:坂上 忍(サカガミ シノブ)

1967年、東京都に生まれる。3歳から劇団に入団し、『下町かあさん』で1972年にテレビドラマデビュー。『ありがとう』『たんぽぽ』『となりの芝生』などで好演し、国民的子役として活躍。1983年には『ションベン・ライダー』で映画初出演を果たした。以後、テレビドラマ、映画、Vシネマ、舞台と多くの作品に出演している。1997年には、映画『30~thirty』で映画デビュー。舞台の脚本・演出も手がけ、代表作に『溺れる金魚』『マザーフッカー』『PAIN』などがある。2009年には、子役育成のためのプロダクション「アヴァンセ」を設立。自身の経験をフルに生かした独自の指導方法で評判を集めている。また、若かりし日からギャンブル好きとしても知られ、麻雀、競艇(ボートレース)に造詣が深い。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る