「女装と男装」の文化史

講談社選書メチエ
ジョソウトダンソウノブンカシ
  • 電子あり
「女装と男装」の文化史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古今東西を問わず、演劇や文学、映画、アニメ、漫画に数限りなく登場してきた「女装する男」と「男装する女」。彼/彼女たちは、なぜ性の境界を超えようとしたのか?“変態”“異常”“倒錯”という言葉で片付けてしまうだけでは気がつかない、性と愛の現実がそこにある。「男と女」という単純な二項対立がsexとgenderの視点をからめると無限の性別へと変化していくさまをつぶさに論じ、人間の生の多様性に軽やかに迫る。


男装女装に表象される性別越境の現実と深層
古今東西の様々なメディアに現れてきた異性装は、多様化を極める性の現実の象徴だ。古事記からジャニーズまで、ベルばらからシェイクスピアまで縦横無尽に分析!

目次

  • 第1部 男から女へ――エロスと暴力とユーモアと
  • 第2部 女から男へ――戦いと自己実現と恋と
  • 第3部 双方向の越境――ジェンダーの呪縛を超えて

製品情報

製品名 「女装と男装」の文化史
著者名 著:佐伯 順子
発売日 2009年10月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258450-0
通巻番号 450
判型 四六
ページ数 290ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る