人が集まる! 行列ができる! 講座、イベントの作り方

講談社+α新書
ヒトガアツマルギョウレツガデキルコウザイベントノツクリカタ
  • 電子あり
人が集まる! 行列ができる! 講座、イベントの作り方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜあの講座には人が集まるのか? 徹底分析せっかくの講座にカンコ鳥が鳴いている、企画者も泣いている! 年間講座申し込み率3.3倍を誇る凄腕企画者が公開するタイトル術、チラシ術、ターゲット分析術!


講座申し込み率3.3倍を誇る「ヒット企画」仕掛け人!!
タイトルひとつで定員オーバー続々!!
ココロに響くタイトル・チラシ、メリットありそう、行ける時間帯、で申し込み殺到!

<どっちの講座に人が集まったでしょう>
(1) a.『わたしらしさ応援セミナー――咲かせよう!世界でひとつだけの花』
   b.『男女共同参画セミナー 変わりゆく社会と女男(ひと)』
(2) a.『職場で役立つアサーティブトレーニング』
   b.『プラス思考トレーニング』
(3) a.『子育てママを応援!――わが家のマル得生活設計講座』
   b.『子育てママのためのお金がたまる!家計術』

<答え>
(1)→ a a は電話鳴りやまず
(2)→ b a はサクラで埋める
(3)→ b b は大好評

●こんな講座は誰も来ない
●人が来る「面白さ」とは何か?
●「私」に役に立つ講座
●『「冬のソナタ」で始める韓国語講座』
●ターゲットを絞れ
●意味不明なカタカナ用語を使わない
●胸に響くタイトルをつけよ
●思わず手に取るチラシの作り方
●申し込み電話が鳴りやまない!
●満足度の高い講座作りと講師選び

目次

  • 序章 人を集めるとはどういうことか
  •  こんな講座は誰も来ない
  •  どうしてこんな講座になるのか?
  •  人が来ないのを天気のせいに
  •  他
  • 第一章 これさえあれば人が来る! 「面白さ」とは何か?
  •  どちらの講座に人が集まったでしょう? その(1)
  •  同じ趣旨の講座で明暗くっきり
  •  この講座を聞いて私の役に立つの?
  •  「私」が得する講座
  •  タイトルが人を惹きつける
  •  出席率も高かった
  •  「私が行きたい講座」を作ろう!
  •  他
  • 第二章 ターゲットを絞れ
  •  「誰にでも来てほしい」は誰も来ない
  •  各世代それぞれにふさわしい講座
  •  年齢差は男性も敏感
  •  男性は「そば打ち」がお好き
  •  他
  • 第三章 胸に響くタイトルをつけよ
  •  その企画のウリは何ですか
  •  こんなタイトルで人が来たのは見たことない!
  •  他
  • 第四章 よいタイトルを作るには
  •  はやっているものをまねよ
  •  タイムリーなイメージのタイトル
  •  日頃からタイトルネタ収集を!
  •  その一言で人を呼ぶ言葉がある
  •  「教養」は一〇〇名の人を呼んだ
  •  他
  • 第五章 思わず手に取るチラシの作り方と効果的な広報
  •  タイトルとチラシでこんなに変わった!
  •  宣伝はターゲットに届いているか
  •  宣伝にいい媒体
  •  デザインセンスは邪魔になる
  •  ダメダメチラシで大失敗の連続
  •  ビフォーアフターでこんなに変わる
  •  三大「ダメダメチラシ」
  •  他
  • 第六章 満足度の高い講座作りと講師選び
  •  はじめに情報収集あり
  •  講師を誰にするか?
  •  講師とのコミュニケーション
  •  講師が無名でも大丈夫
  •  効果的なキャッチフレーズで誘う
  •  講師に講座内容を変えてもらうとき
  •  講師を育てる、自分も講師に
  •  講師は見た目が大切
  •  他
  • 第七章 失敗に学び、次回の成功に結びつけるポイント
  •  講座を次につなげる方法
  •  評価のポイント
  •  アンケートに「普通」はいらない
  •  書き込んだアンケートを受講者に毎回配布する
  •  他
  • あとがき──熱意が作る「女神のサイクル」

製品情報

製品名 人が集まる! 行列ができる! 講座、イベントの作り方
著者名 著:牟田 静香
発売日 2007年04月20日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-213906-9
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る