生態と民俗  人と動植物の相渉譜

講談社学術文庫
セイタイトミンゾクヒトトドウショクブツノソウショウフ
生態と民俗  人と動植物の相渉譜
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人は自然から何を享受し何を守ったか。 食料となり燃料となり霊性をも帯びる木。肉として薬としてまた神使として供される動物。人々は周囲の生態系をどう活かしてきたのか。民俗事例から共生関係を探る。

目次

  • (1)共生の民俗
  •     燕と人の交流/巨樹と神の森/クロマツの民俗/アカマツの民俗
  • (2)共存の葛藤
  •     ハブの両義性/鹿/猿/鼠/蛙/狼/鮫
  • (3)資源保全と再生の民俗
  •     曲物師と木地屋/山椒魚の谷/「旬」の思想/再生の民俗
  • (4)伝説・昔話の環境論
  •     伝説と環境思想/鮭の大助/浦島太郎/桃太郎/花咲爺/猿蟹合戦

製品情報

製品名 生態と民俗  人と動植物の相渉譜
著者名 著:野本 寛一
発売日 2008年05月10日
価格 定価:1,375円(本体1,250円)
ISBN 978-4-06-159873-7
通巻番号 1873
判型 A6
ページ数 424ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、1994年4月、青土社より刊行された「共生のフォークロア・民俗の環境思想」を底本とした。

おすすめの本

書店在庫を見る