文明の十字路=中央アジアの歴史

講談社学術文庫
ブンメイノジュウジロチュウオウアジアノレキシ
  • 電子あり
文明の十字路=中央アジアの歴史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ヨーロッパ、インド、中国、中東の文明圏の彼方で、生き抜いてきた遊牧民たちの領域が中央アジアである。絹と黄金を運んだ悠久の交易路シルクロード。多くの民族と文化の邂逅と衝突。アレクサンドロス大王とチンギス・ハーンの侵攻……。仏教・ゾロアスター教・マニ教・ネストリウス派そしてイスラムもこの地を経由した。中央アジアの雄大な歴史をコンパクトにまとめた入門書。(講談社学術文庫)


東西の文明交流の担い手=遊牧民族の3千年。東から絹を西から黄金を運んだシルクロード。世界の屋根に分断された東西トルキスタン。草原の遊牧民とオアシス農耕民との対立と共存を軸に、雄大な歴史を描く。

目次

  • 第1章 先史時代の中央アジア
  • 第2章 オアシス都市と遊牧民
  • 第3章 遊牧国家の発達
  • 第4章 シルクロード
  • 第5章 イスラム勢力の展開
  • 第6章 地上最大の征服者
  • 第7章 ウズベク王朝と帝政ロシア
  • 第8章 近代の東トルキスタン
  • 第9章 アフガニスタンをめぐるイギリスとロシア
  • 第10章 二十世紀の西トルキスタン

製品情報

製品名 文明の十字路=中央アジアの歴史
著者名 著:岩村 忍
発売日 2007年02月09日
価格 定価:1,331円(本体1,210円)
ISBN 978-4-06-159803-4
通巻番号 1803
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1977年に講談社から刊行された『世界の歴史12 中央アジアの遊牧民族』を改題し、文庫化。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る