境界の発生

講談社学術文庫
キョウカイノハッセイ
境界の発生
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あの世とこの世、生と死、村の内外などを分かつ境界は、今や曖昧となり、かつて自明であった死後の世界も消え、魔性のモノが跳梁跋扈する空間も喪失してしまった。葬送儀礼の場で鎮魂の挽歌を吟じた柿本氏、平家の怨霊を慰藉鎮撫(いしゃちんぶ)する役を担った琵琶法師……。
本書は、私たちの文化や歴史の昏がりに埋もれた境界の風景や人々を発生的に掘り起こした意欲的論考である。

目次

  • 境界/生と死の風景をあるく
  • 境界観念の古層とその他
  • 交通の古代――チマタをめぐる幾つかの考察
  • 琵琶法師または境の神の司祭者
  • 杖と境界をめぐる風景/序章
  • 杖と境界をめぐる風景/標(しるし)のつえ
  • 杖と境界をめぐる風景/杖立伝説
  • 人身御供譚の構造
  • 起源としての異人論
  • 穢れの精神史

製品情報

製品名 境界の発生
著者名 著:赤坂 憲雄
発売日 2002年06月10日
価格 定価:1,353円(本体1,230円)
ISBN 978-4-06-159549-1
通巻番号 1549
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:’89年4月、砂子屋書房刊『境界の発生』を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス