民俗学の旅

講談社学術文庫
ミンゾクガクノタビ
民俗学の旅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自らを「大島の百姓」と称し、生涯にわたり全国をくまなく歩きつづけた宮本常一。その歩みは同時に日本民俗学体系化への確かな歩みでもあった。著書の身体に強く深く刻み込まれた幼少年時代の生活体験や美しい故郷の風光と祖先の人たち、そして柳田国男や渋沢敬三など優れた師友の回想をまじえながら、その体験的実験的踏査を克明かつ感動的に綴る。宮本民俗学をはぐくんだ庶民文化探究の旅の記録。

目次

  • 1 家の歴史
  • 2 祖父
  • 3 父
  • 4 母
  • 5 私にとってのふるさと
  • 6 郵便局員時代
  • 7 小学校教員時代
  • 8 柳田、渋沢、沢田先生にあう
  • 9 アチック・ミューゼアムに入る
  • 10 民俗調査の旅
  • 11 戦時中の食料対策
  • 12 戦後の農漁村をあるく
  • 13 山村と離島
  • 14 学位をもらう
  • 15 日本一長い食客
  • 16 雑文稼業
  • 17 若い人たち・未来

製品情報

製品名 民俗学の旅
著者名 著:宮本 常一
発売日 1993年12月06日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-159104-2
通巻番号 1104
判型 A6
ページ数 248ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス