庶民の発見

講談社学術文庫
ショミンノハッケン
庶民の発見
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本の農山漁村は昔から貧しかった。そして古い時代からこの貧の問題の根本的な追究が欠けていたのではないか、と著者はいう。本書は、とくに戦中・戦後における嫁の座、私有財産、出稼ぎ、村の民主化、村里の教育、民話の伝承などを通して、その貧しい生活を克服するため、あらゆる工夫を試みながら精いっぱいに生きる庶民の姿を多角的に捉えたものである。庶民の内側からの目覚めを克明に記録した貴重な庶民の生活史といえよう。

目次

  • 1 庶民のねがい
  • 2 貧しき人びと
  • ・王朝の庶民
  • ・嫁の座
  • ・私有財産
  • ・人口問題
  • ・出稼ぎ
  • 3 変わりゆく村
  • ・土地所有意識
  • ・伊勢参り
  • ・言語生活
  • ・村の民主化
  • 4 山村に生きる
  • ・山の生活
  • ・米良(めら)紀行
  • ・芸北紀行
  • 5 村里の教育
  • ・群(むれ)生活の場
  • ・伝承の位置
  • ・シツケとあそび
  • ・一人まえの完成
  • ・文字の教育
  • 6 民話と伝承者
  • ・生活規範としての民話
  • ・農民の発見を
  • ・民話を保持する世界
  • ・伝承者の系譜
  • 7 底辺の神々
  • ・憑(つ)きもの覚え書
  • ・残酷な芸術

製品情報

製品名 庶民の発見
著者名 著:宮本 常一
発売日 1987年11月04日
価格 定価:1,210円(本体1,100円)
ISBN 978-4-06-158810-3
通巻番号 810
判型 A6
ページ数 348ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス