皇后考

講談社学術文庫
コウゴウコウ
  • 電子あり
皇后考
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時代と社会の変容とともに「ありうべき皇后」像はあった――。血脈による正統性が保証された天皇とは異なり、人生の途中で皇室に嫁ぎ、さまざまな葛藤を克服するなかでその存在となる「皇后」。神功皇后や光明皇后ら、過去の偉大な皇后と感応しつつ、近代日本に時空を超えた皇后像を現出させ、さらにはアマテラスに自らを重ね合わせようとする貞明皇后。斬新な視点で天皇制の本質を明らかにし、秘められた扉を開いた記念碑的著作!

目次

  • 第一章 序──ある詔書をめぐって
  • 第二章 神功皇后と神武天皇 (1)
  • 第三章 神功皇后と神武天皇 (2)
  • 第四章 皇后美子・神功皇后・日蓮宗 (1)
  • 第五章 皇后美子・神功皇后・日蓮宗 (2)
  • 第六章 皇太子妃節子の孤独 (1)
  • 第七章 皇太子妃節子の孤独 (2)
  • 第八章 団欒と大病と (1)
  • 第九章 団欒と大病と (2)
  • 第一〇章 天皇嘉仁の発病
  • 第一一章 もうひとつの大礼
  • 第一二章 皇太子裕仁の訪欧と英国王室
  • 第一三章 九州へ (1)
  • 第一四章 九州へ (2)
  • 第一五章 関東大震災
  • 第一六章 大正の終焉
  • 第一七章 必ズ神罰アルベシ
  • 第一八章 元女官長の乱心
  • 第一九章 戦争と皇太后節子・皇后良子 (1)
  • 第二〇章 戦争と皇太后節子・皇后良子 (2)
  • 第二一章 天皇裕仁の退位問題と皇太后節子
  • 第二二章 皇太后節子の急逝
  • 第二三章 よみがえる光明皇后
  • 付 記
  • 年 表
  • 解 説  安藤礼二

製品情報

製品名 皇后考
著者名 著:原 武史
発売日 2017年12月13日
価格 定価 : 本体1,850円(税別)
ISBN 978-4-06-292473-3
判型 A6
ページ数 656ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、『群像』2012年9月号~2014年8月号(2012年12月号をのぞく)の連載に大幅な加筆・修正を加え、2015年小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:原 武史(ハラ タケシ)

1962年生まれ。早稻田大学政治経済学部卒業,東京大学大学院博士課程中退。放送大学教授,明治学院大学名誉教授。専攻は日本政治思想史。著書に『〈出雲〉という思想』『「民都」大阪対「帝都」東京』『大正天皇』『可視化された帝国』『皇居前広場』『滝山コミューン一九七四』『昭和天皇』『「昭和天皇実録」を読む』ほか多数。

オンライン書店で見る