99%のマンションは買う価値なし! ―ベテラン設計士が指南する「本物」の見分け方

キュウジュウキュウパーセントノマンションハカウカチナシベテランセッケイシガシナンスルホンモノノミワケカタ
99%のマンションは買う価値なし! ―ベテラン設計士が指南する「本物」の見分け方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「マンション選びを誤ると人生を棒に振る時代になった」。
空前の低金利、価格の下落でが「今が買い時」と考えるのは誤りだ。これらはすべて業界が作り上げた「幻影」だと、マンションの企画・設計に30年以上携わった著者は喝破する。
かつては、一度購入しても、それを売却し、次の物件にステップアップすること当然だったが。今となっては、もうあり得ない。「一生住む」ことを前提とする購入者が増えているが、それは、まず不可能なのだ。加えて、業者は目先の利益を追う傾向を強め、マンションの質も低下する一方。次なる災害のリスクも考えると、失敗は「絶対に」許されない。
200棟5000戸の実績を持つプロが、絶対にダマされずに、数えるほどにしかない「価値あるマンション」にたどり着く方法を伝授する。

目次

  • はじめに
  • 第1章/マンションの不都合な真実
  • 第2章/震災への備えと埋立地
  • 第3章/マンション業者の騙しの構造
  • 第4章/その「タワーマンション」に問題あり
  • 第5章/勝手はいけない「ダメなマンション」の見分け方
  • 第6章/中古マンションという罠
  • おわりに

製品情報

製品名 99%のマンションは買う価値なし! ―ベテラン設計士が指南する「本物」の見分け方
著者名 著:碓井 民朗
発売日 2012年10月26日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-217673-6
判型 四六
ページ数 226ページ

著者紹介

著:碓井 民朗(ウスイ タミオ)

うすい・たみお 一級建築士。
1947年、東京都生まれ。1971年、東京理科大学工学部建築学科を卒業し、(株)松田・平田設計事務所に入所。日本銀行本店を工事監理し、三井アーバンホテル一号店、日本鋼管本社ビルなどの設計に関わる。1974年、(株)東急設計コンサルタントに入社。1975年から高品質マンションの設計に携わり、日本で初めてP・P分離(住戸内のパブリック部分とプライベート部分の完全分離)を手掛け、マンション業界の話題となった。
2000年、同社設計部長を辞し、2002年に碓井建築オフィスを設立。マンションの設計監修を行うかたわら、マンションの購入相談や内覧会の立ち会いを精力的に行っている。
著書に『買っていい一流マンションダメな三流マンション』(ダイヤモンド社)などがある。

関連シリーズ