ソビエト連邦史 1917-1991

講談社学術文庫
ソビエトレンポウシ1917-1991
  • 電子あり
ソビエト連邦史 1917-1991
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1917年の革命で誕生し、1991年に崩壊したソビエト連邦は、20世紀最大の政治事件であったことは異論がないでしょう。
この74年間に失われた人命は、数千万以上です。ロシア革命、内戦、新経済政策、集団化、粛清、第2次大戦に至る一九三〇年代の外交、「大祖国戦争」、なによりも1945年以降、超大国となる冷戦期のソ連、スターリンの死と批判、平和共存とフルシチョフ改革から、ペレストロイカ……。20世紀のもっとも陰惨にして重要な時代を、ソ連国家の中枢で動かした人物が存在しました。モロトフです。
工業化が進展した近代国家の労働者による革命が、農民国家ロシアで勃発したのはなぜか? 党が国家を所有するという転倒した関係はソ連に何を引き起こしたのか? 「古儀式派」という宗教と党中枢との知られざる関係とは?
ソ連・ロシア政治研究の第一人者が、ソ連崩壊後明るみ出た数多の資料を読み解いて、ソビエト連邦という人類史上最大の「社会主義国家」の全貌を明らかにします。2002年刊の選書メチエ『ソ連=党が所有した国家』を大幅に増補改訂した新版です。

目次

  •  序 章 党が国家であった世紀
  • 第一章 ロシア革命とボリシェビク
  • 第二章 共産党とアパラチク(機関専従員)
  • 第三章 ネップ(新経済政策)とアンチ・ルイノチニク(反市場主義)
  • 第四章 スターリン体制とスターリニスト
  • 第五章 世界大戦とナルコミンデル(外務人民委員)
  • 第六章 冷戦とデルジャブニク(大国主義者)
  • 第七章 非スターリン化とドグマチーク(教条主義者)
  • 第八章 「停滞の時代」のなかのペンシオネール(年金生活者)
  •  終章 モロトフとソ連崩壊
  •  
  •    人名解説
  •    引用・参考文献
  •    あとがき

製品情報

製品名 ソビエト連邦史 1917-1991
著者名 著:下斗米 伸夫
発売日 2017年02月10日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-292415-3
判型 A6
ページ数 288ページ
電子版製品名 ソビエト連邦史 1917-1991
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本『ソ連=党が所有した国家 1917-1991』は、2002年に講談社選書メチエとして刊行されました。学術文庫に収録するにあたって全面的に増補改訂し、タイトルを改めました。

著者紹介

著:下斗米 伸夫(シモトマイ ノブオ)

下斗米伸夫(しもとまい・のぶお)
1948年札幌市生まれ。東京大学法学部卒業、同大学院法学政治学研究科修士課程修了、同大学院法学政治学研究科博士課程修了。法学博士。専門は、ロシア・CIS政治、ソ連政治史。成蹊大学教授を経て、法政大学教授。
著書に、『ソビエト政治と労働組合』『ソ連現代政治』『ゴルバチョフの時代』『モスクワと金日成』『日本冷戦史――帝国の崩壊から55年体制へ』『ロシアとソ連 歴史に消された者たち』『プーチンはアジアをめざす 激変する国際政治』など多数。

オンライン書店で見る