ローマ帝国と地中海文明を歩く

ローマテイコクトチチュウカイブンメイヲアルク
  • 電子あり
ローマ帝国と地中海文明を歩く
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古代ギリシャのポリス誕生からローマ帝国の発展まで、地中海文明の歴史は、歴史ファンの関心を惹き付けて止まない。いまトルコ共和国がある小アジアにはギリシャ時代の神殿が佇み、都ローマのフォロロマーノやスコットランドのハドリアヌス帝の長城は大帝国の繁栄を今に伝える。この壮大な地中海文明の魅力を、本村教授と東大西洋史学研究室出身の俊英が現地を訪ね、自ら撮影した写真を駆使して解説。ローマ帝国と地中海文明の魅力を味わうために必携のトラベルガイド。

目次

  • 第一章 ローマ繁栄の光と陰を訪ねて
  • ●チルコ・マッシモーー『ベンハー』で知られる戦車競走場は40万人もの観衆を収めた。ムッソリーニが甦らせ、20世紀ファシズムの産物とも言われる遺跡の全容。
  • ●フォロ・ロマーナと皇帝たちの大浴場――カエサルの墓、元老院、凱旋門が建ち並ぶ帝国中枢。『テルマエ・ロマエ』でお馴染みの大浴場は皇帝たちが競って建造。
  • ●オスティアーーローマの胃袋を支えた外港はポンペイを凌ぐ人口で繁栄を誇った。大浴場、劇場、食糧倉庫や沈船にいたるまで、歴史学・考古学の成果を盛り込む。
  • ●ポンペイーーナポリ近郊の遺跡には紀元1世紀に大噴火で埋没した町の日常が当時のまま残る。民家の落書きから優雅な暮らしや娼家で遊ぶ庶民の姿をうかがう。
  • 第二章 帝国の周縁を彩る神殿と要塞・城壁
  • ●トルコ・ディデュマの神殿――古代ギリシャからローマ帝政期に栄えた巨大なアポロン神殿は7階建てビルの高さとサッカー場ほど広いテラスで見物人を圧倒する。
  • ●帝国東部の要・アンティオキアーーマケドニア時代に建設され首都ローマに準じるほど重視された東方の要の都市計画とユダヤ教、キリスト教が混在する遺跡を辿る。
  • ●エディンバラからハドリアヌス帝の長城へーーローマ帝国の最北端、ブリタニアとスコットランドの境界に横たわる長城を訪ね、帝国の北方進出と防衛体制を見る。
  • 第三章 地中海文明の源流を探索する
  • ●クレタ島のクノッソスとゴルテュンーー迷宮で知られるクノッソスは先史時代から続く希有な町。ゴルテュンと覇を競い、ローマ帝政期も生き抜いた歴史を辿る。
  • ●サモトラケ島の神殿遺跡――ニケ像で有名なサモトラケはギリシャの植民都市。神殿を寄進したマケドニアのフィリッポス2世の野望とローマに敗れるまでを追跡。
  • ●大英博物館に収蔵されたメソポタミア文明の遺物
  • ●アテネ考古学博物館の名品・秘宝
  • ほか

製品情報

製品名 ローマ帝国と地中海文明を歩く
著者名 編・著:本村 凌二 著:島田 誠 著:池口 守 著:佐藤 昇 著:樋脇 博敏 著:澤田 典子 著:井上 秀太郎 著:中西 麻澄 著:渡辺 耕 著:中川 亜希 著:長谷川 敬 著:志内 一興 著:伊藤 雅之 著:橋本 資久 著:宮崎 亮 著:岡田 泰介 著:田中 創 著:上野 愼也 著:三津間 康幸 著:高橋 亮介 著:大清水 裕
発売日 2013年04月22日
価格 定価 : 本体2,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217695-8
判型 四六変型
ページ数 416ページ
電子版製品名 ローマ帝国と地中海文明を歩く

オンライン書店で見る