新太平記 全5巻合本版

シンタイヘイキゼン5カンガッポンバン
  • 電子のみ
新太平記 全5巻合本版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

天皇親政を願う後醍醐天皇の檄に応じた楠木正成は、金剛山の小城赤坂に兵を挙げた。自軍に百倍する幕府軍を翻弄するも、天皇は捕われ、隠岐に流された。潜伏した正成の奪回工作は成功し、隠岐を脱出した後醍醐天皇は、船上山に倒幕の旗をかかげた。機を見るに敏な足利高氏は幕府を裏切り京都を占領、新田義貞もまた関東に兵を挙げ、鎌倉を攻撃した。権勢をふるった北条氏は遂に亡んだが、公家は驕りたかぶり、諸国武士は恩賞をめぐり争い、騒乱は続く。征夷大将軍の座を狙う足利尊氏と新田義貞の対立は激しさを増し、世は南北朝対立の時代に突入していった。

©souhachi yamaoka

製品情報

製品名 新太平記 全5巻合本版
著者名 著:山岡 荘八

オンライン書店で見る