新太平記(3)

シンタイヘイキケンムチュウコウノマキ
  • 電子あり
新太平記(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鎌倉幕府は滅んだが、公家は驕りたかぶり、諸国武士は恩賞をめぐって争い憤り、新しい政治の実は上がらない。とりわけ征夷大将軍の座を狙う足利尊氏と、源家嫡流の名にこだわる新田義貞の対立は、周囲をまきこんで激しさを増した。鎌倉の中先代の乱を鎮めた尊氏は京に戻らず、野望成就の策を練る。

製品情報

製品名 新太平記(3)
著者名 著:山岡 荘八
発売日 1986年10月01日
価格 定価:970円(本体882円)
ISBN 978-4-06-195007-8
判型 A6
ページ数 478ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る