新太平記(4)

シンタイヘイキミナトガワノマキ
  • 電子あり
新太平記(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

尊氏、ついに造反!箱根山に迫った官軍新田義貞を打ち破り、大軍を集めて西へ。だが上洛した足利軍は、名将楠木正成の軍略に翻弄され命からがら西国へ落ちた。尊氏はしぶとい。北朝方の院宣をかざして東上する。死すべき時を悟った正成は長男正行(まさつら)に後事を託し、湊川の合戦に華々しく散っていった。

製品情報

製品名 新太平記(4)
著者名 著:山岡 荘八
発売日 1986年10月01日
価格 定価:970円(本体882円)
ISBN 978-4-06-195008-5
判型 A6
ページ数 478ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る