学校ってなんだ! 日本の教育はなぜ息苦しいのか

講談社現代新書
ガッコウッテナンダニホンノキョウイクハナゼイキグルシイノカ
  • 電子あり
学校ってなんだ! 日本の教育はなぜ息苦しいのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「従順な子」をつくる教育は、もう終わりにしよう!

ブラック校則、いじめ、心の教育、不登校、教師の長時間労働――。
日本の教育が抱える最大の問題とは?

『学校の「当たり前」をやめた。』著者と、日本の同調圧力を追及してきた演出家による必読の学校論!

・教師への信頼を失わせるブラック校則
・「服装・頭髪の乱れは心の乱れ」という迷信
・不登校からのリハビリ
・いじめの件数に意味はない
・「朝の挨拶運動」はただの時間外労働
・「国や社会を変えられると思う」は18.3%
・「わかる授業」が良い授業なのか
・30人を超えると集団の質が変わる
・スマホのルールは子どもたちが決める
・ぶつかり合うのは当たり前
・スーパー教員がもたらした学級崩壊
・「絆」と「団結」が目標になってしまう
・対話が苦手な日本人
・感情をコントロールする技術
・日本にユニコーン企業が少ない理由


ブラック校則に直面する生徒、子の不登校に悩む親、長時間労働に疲れる教員……すべての人に贈る、常識を疑うヒント。

製品情報

製品名 学校ってなんだ! 日本の教育はなぜ息苦しいのか
著者名 著:工藤 勇一 著:鴻上 尚史
発売日 2021年08月18日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-523475-4
通巻番号 2628
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る