世界が注目する日本の介護 あおいけあ で見つけた じいちゃん・ばあちゃんとの向き合い方

介護ライブラリー
セカイガチュウモクスルニホンノカイゴアオイケアデミツケタジイチャンバアチャントノムキアイカタ
  • 電子あり
世界が注目する日本の介護 あおいけあ で見つけた じいちゃん・ばあちゃんとの向き合い方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●Ageing Asia Global Ageing Influencer 2019 獲得
●日経ビジネス「次代を創る100人」選出
●第1回かながわ福祉サービス大賞 受賞

●応援メッセージも続々(敬称略)
☆「加藤忠相さんは、認知症の真実を私に教えてくださった方です」樋口 直美(文筆家・レビー小体病当事者)
☆「日本のケアはもっと優しくなれる^_^」与那覇 涼(うらそえ介護福祉士会・会長)
☆「目指すべき支え合いの姿を実感いたしました。多くの共感を期待します」(匿名希望の読者)
☆「多彩なスタッフと利用者さんが創り続ける「物語」は面白い!「あおいけあ」の進化に期待しています」竹林洋一(静岡大学教授)
☆「日本中で簡単に壊されてしまっている『普通に暮らすこと』の幸せ。そのキラキラとした幸せをご近所中に、そしてこの国に、お裾分けしまくっているのが『あおいけあ』!」くさか里樹(漫画家)

国内外で講演歴、多数。
NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」でも取り上げられ、
映画『ケアニン~あなたでよかった~』のモデルにもなった!

今、日本で一番注目されている介護事業所「あおいけあ」(神奈川県藤沢市)。
実際の毎日を再現したストーリー漫画と、著者渾身の文章で「世界が注目するケア」のすべてがわかる!

★Webメディア「みんなの介護」人気連載が待望の単行本化。
★本書の電子版には「特別編」も収録されています。

《ストーリー》
管理的な施設を辞めた介護士「多賀かなこ」は、縁あって「あおいけあ」に入職する。
型破りな介護の数々を前に戸惑いを感じつつ、個性的なお年寄りの面々に翻弄されながら、
それでも「ケアニン」として成長していく……。

「寝たきりだった人が、畑仕事ができるまでに回復」
「認知症があって要介護なのに、普通のお年寄りにしか見えない」
「利用者とスタッフの区別が全然つかない!」

見学者が一様にそう驚く認知症ケアは、どのように行われているのか?
その発想と技術がわかる決定版が登場しました!

製品情報

製品名 世界が注目する日本の介護 あおいけあ で見つけた じいちゃん・ばあちゃんとの向き合い方
著者名 著・編:加藤 忠相 著:ひらまつ おさむ
発売日 2021年01月14日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-521805-1
判型 B6
ページ数 298ページ
シリーズ 介護ライブラリー

著者紹介

著・編:加藤 忠相(カトウ タダスケ)

1974年、神奈川県生まれ。株式会社あおいけあ代表取締役社長。大学卒業後に横浜市の介護施設に就職するが、現場の状況にショックを受け3年弱で退職。25歳で「あおいけあ」を起業し、地域を巻き込んだ独自のケア事業を開始する。その取り組みが新聞各紙や、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」ほか多数のメディアで紹介され、海外でも学会などで取り上げられて話題に。2019年には高齢者ケア分野で世界的影響力をもつ人物として「Ageing Asia Global Ageing Influencer」に選出された
●著書
『あおいけあ流 介護の世界』(森田洋之との共著、南日本ヘルスリサーチラボ)
『ソーシャルワーカー』(井出英策らとの共著、ちくま新書)

著:ひらまつ おさむ(ヒラマツ オサム)

1953年、福岡県生まれ。石ノ森章太郎、手塚治虫、谷口ジローらに師事する。おもな作品に『珈琲どりーむ』(原作・花形怜)、『はいさい新聞 文化生活部』(原作・高津太郎)、「花トレイル」(いずれも芳文社)、学習まんが人物館『ケネディ』『サン・テグジュペリ』(以上、小学館)

書店在庫を見る

オンライン書店で見る