日本中枢の崩壊

講談社文庫
ニッポンチュウスウノホウカイ
日本中枢の崩壊
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

福島原発事故はなぜ起きたのか!? 構造改革はなぜ進まないのか!? 大増税はなぜ強行されるのか!? 日本を裏支配する霞ヶ関の腐敗を経済産業省の現役官僚(当時)が実名で告発した衝撃のベストセラー、ついに文庫化!


経済破綻と第二の原発事故で日本は二度死ぬ!
進化して完全復活する原子力ムラ
霞が関と永田町“腐敗と癒着”の構造をすべて告発する!
元・経産省官僚が命懸けで語る「日本再生の処方箋」

原発事故はなぜ防げなかったのか? 天下りはなぜなくならないのか?  なぜ政治主導は実現しないのか? 民主党政権はなぜ自滅したのか? 日本再生は可能なのか? 官僚組織と産業界の癒着、霞が関の利権の構造を、現役経産省官僚(当時)があらゆる圧力に屈さずに告発。全日本人必読の名著、早くも文庫化!

「発電会社と送電会社を分離する発送電分離。このテーマについて本気で推進しようとした官僚が何人かいた。あるいは核燃料サイクルに反対しようとした若手官僚もいた。しかし、ことごとく厚い壁に跳ね返され、多くは経産省を去った。
私も十数年前、発送電分離をパリのOECDで唱えたことがあるが、危うく日本に召喚されてクビになるところだった。その理由とは何だったのか――」――<本文「序章」より>

製品情報

製品名 日本中枢の崩壊
著者名 著:古賀 茂明
発売日 2013年08月09日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-277611-0
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2011年5月に小社より単行本として刊行されたもの。