「「活米」という流儀 外交・安全保障のリアリズム」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
「活米」という流儀 外交・安全保障のリアリズム

米国覇権体制の揺らぎ。中国の台頭。 米中の狭間で立ちすくむ日本。 野田佳彦内閣で外交および安全保障担当の首相補佐官、防衛副大臣を務めた長島昭久が、徹底したリアリズムの立場から、日本が目指すべき外交安全保障戦略を語り尽くす。 日本を背負って立つ次世代リーダーの覚悟。