「エネルギー・原子力大転換電力会社、官僚、反原発派との交渉秘録」既刊・関連作品一覧

エネルギー・原子力大転換電力会社、官僚、反原発派との交渉秘録

「原発で泥をかぶる」――そう私は覚悟した。東電福島原発事故後、エネルギーの課題解決を主導した1年6ヵ月。民主党「影の実力者」が明かす、「2030年代原発ゼロ」、東電国有化、大飯原発再稼働の舞台裏。


「原発で泥をかぶる」――そう私は覚悟した。東電福島原発事故後、エネルギーの課題解決を主導した1年6ヵ月。民主党「影の実力者」が明かす、「2030年代原発ゼロ」、東電国有化、大飯原発再稼働の舞台裏。

「夢物語」ではなく、この「冷厳な事実」から国民的議論を始めよう。

●「原発ゼロ」をめぐる攻防
●エネルギー政策の論点
●チーム仙谷、東電に挑む
●浜岡ショック
●東電国有化の舞台裏
●大飯原発再稼働の真相
●原子力国有化と電力システム改革

「体制の維持が銀行の前提だった。東電に破綻されては困る銀行はともかく、東電自身が体制維持できると認識しているのだ。国が損害賠償さえ肩代わりしてくれれば、会社は存続され、原子力も含めて地域独占の電気事業を従来通り続けていける。それが東電経営陣の自然な認識だった。勝俣会長は東電の賠償上限額を1兆円と打診してきた。それを超える賠償額は「原賠法」に基づいて、国が負担してほしい、ということだ。おそらく経産省と口裏を合わせていたのだろう。私は話にならないと思った」――第3章「チーム仙谷、東電に挑む」