三國志人物事典(中)

講談社文庫
サンゴクシジンブツジテンチュウ
  • 電子あり
三國志人物事典(中)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

群雄が割拠した後漢末期の中国に台頭してきたのは、「乱世の奸雄」と呼ばれた曹操だった。一方、劉備は優秀な配下に慕われるものの、地盤を持つこともできずにいた。中原の覇者を目指した三國志の英雄たち。『三國志演義』を彩る1500人に及ぶ登場人物、その全てのエピソードを、正史との異同を交えて著す。<上中下・全3巻>

製品情報

製品名 三國志人物事典(中)
著者名 著:渡辺 精一
発売日 2009年03月13日
価格 定価:765円(本体695円)
ISBN 978-4-06-276310-3
判型 A6
ページ数 456ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1989年8月、小社より刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る