ムダながん治療を受けない64の知恵 医者任せが命を縮める

講談社+α新書
ムダナガンチリョウヲウケナイ64ノチエイシャマカセガイノチヲチヂメル
  • 電子あり
ムダながん治療を受けない64の知恵 医者任せが命を縮める
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「最善を尽くしましょう」「先生にお任せします」……これは日本のがん告知の場面でかわされる典型的な会話。ここから外科医主導の「手術のやり過ぎ」「効果の期待が薄い抗がん剤治療」に突き進み、苦しみのうちに死を迎える患者がいかに多いか。本書では「悪しきがん治療」を受けないためにはどうすべきか、自分の命をきちんと見つめて最期を迎えるためには何をすべきなのかを、医師歴50年の著者が具体例を挙げて解説する。

目次

  • まえがき
  • 第一章 がん告知に我を失わないために
  • 第二章 「手術のやり過ぎ」は百害あって一利なし
  • 第三章 効かない抗がん剤と放射線の真実
  • 第四章 民間療法やメディアを信じるのは大損
  • 第五章 安らかな死を迎える人がしていること
  • あとがき

製品情報

製品名 ムダながん治療を受けない64の知恵 医者任せが命を縮める
著者名 著:小野寺 時夫
発売日 2015年04月21日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272895-9
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:小野寺 時夫(オノデラ トキオ)

日の出ヶ丘病院ホスピス医兼ホスピスコーディネーター。1930年岩手県県生まれ。東北大学医学部大学院卒業。東北大学第2外科専任講師、コロラド大学で肝臓移植に従事ののち、都立駒込病院(現がん・感染症センター都立駒込病院)副院長、都立府中病院(現都立多摩総合医療センター)院長を務め、現在はホスピス医として緩和ケアに携わる。外科医時代を含めて5000人のがん患者に接し、3000人の末期がん患者を看取ってきた。
主な著書に、『がんと闘わない生き方』(PHP研究所)、『がんのウソと真実 医者が言いたくて、言えなかったこと』(中公新書ラクレ)、『人は死ぬとき何を後悔するのか 2500人を看取った医師が知る「間際の心」』(宝島社新書)、近藤誠氏ほかとの共著『「がん治療」のウソ』(宝島社新書)などがある。

オンライン書店で見る