「血液のがん 悪性リンパ腫・白血病・多発性骨髄腫」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
  • 特集・レビュー
血液のがん 悪性リンパ腫・白血病・多発性骨髄腫

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

新しい薬が次々登場!
複雑な病気のしくみと進化した治療法を徹底解説。
正しい知識があれば治療に前向きに取り組める。

【血液のがんのすべてがわかる!】
血液のがんは大きく分類すると白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫があります。これらのがんは発症するメカニズムがむずかしく、さらにそれぞれの病気には様々なタイプがあります。そのため、医師から説明を受けても、自分でネットや専門書で知識を取り入れようとしても、なかなか正しく理解できないという人が多いでしょう。
本書では、イラストや図表を多用して、がん化のメカニズムや病気のタイプをわかりやすく解説します。また、近年は研究が進み、がんだけを狙い撃ちする分子標的薬や抗体医薬が登場しています。新しい薬を使って、治りにくい人や再発した人でも、希望をつなぐことができる最新治療についても紹介します。
さらに血液のがんでは、抗がん剤投与などで変化した血液の数値によって、治療の効果が見えます。医師から受け取った検査結果票の数字も本書なら、ひと目でよくわかるはず。患者さんご本人だけでなく、支えるご家族にも役立つ内容です。

【本書の内容構成】
第1章 血液のがんを正しく理解する基礎知識
第2章 悪性リンパ腫とはこうして闘う
第3章 白血病とはこうして闘う
第4章 多発性骨髄腫とはこうして闘う
第5章 入院中から退院後の体調管理のポイント