「二流の芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由」既刊・関連作品一覧

二流の芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由

人生 山あり、谷あり、がんあり 僕の“大莫迦”66年
大ヒット曲『時には娼婦のように』でも知られる俳優・黒沢年雄が初めて明かす、二度のがん闘病記。二度にわたってのがん告知、にもかかわらず人生を楽しむ秘訣はなにか。

告知の瞬間、医師の誤診、名医の選び方、人間ドックの罠、スパルタ式リハビリメニューの作り方、家族との接し方など《黒沢流「がん」の笑い方》をお教えします。

母が喉頭がんで亡くなり、家族を支えるために避妊具まで売り歩いた十代。
大物俳優の嫌がらせ、解雇、仕事の低迷で自殺の誘惑にも駆られた三十代。
『時には娼婦のように』が大ヒットになったのに、脂の乗り切った48歳で、大腸から真っ黒なポリープが見つかった。
主治医に誤診されたあげく、告知されたのは「大腸がん」。
もう手遅れなのか……仕事は減り借金は増えたあの時。
そして16年後の2008年9月。医師は僕に「二度目のがん」を宣告した――。
はたして、僕はこの苦境をどう生き抜いてきたか? どうしたらがんを笑って、人生を楽しめるようになったのか? 破天荒な人生とともに綴られる、「がん」と生きる痛快人生論。

【目次】
第一章 十六年ぶりの「二度目のがん」
第二章 がんを笑えるようになった原点――デビューまで
第三章 映画俳優
第四章 運がいい人、悪い人――大ヒットと暗転
第五章 弱り目にたたり目でも――大腸がん告知
第六章 リハビリと修行
第七章 楽観論で、大莫迦に生きてみよう!